ここではリリースカウンセリングの特徴を「3つのStep」として紹介しています。この「3つのStep」はカウンセリング内容の性質上、主として対面セッションで行われているものです。

※スカイプカウンセリングは主として「傾聴カウンセリング」になりますが、対面カウンセリングは、理論や方法の説明をはじめとしてワークの取り組みなども織り込み、1対1のワークショップともいえるカウンセリングになります。

 

 

Step① 宗教依存症から脱する

 

宗教依存症脱出カウンセリング!
心の手かせ足かせを解き放す

 <宗教依存症度を測って明らかな自覚を得る>

宗教団体に属して過ごしていると、「〇〇をすることは当然」「〇〇をすることは善し」ということの中に依存症を生み出す種が潜んでいる場合が多くあります。しかし本人は、そういうものだとして、自分自身では自分の宗教依存には気づかなくなります。
また、心の持ち方や心構えを正すことは、宗教の教義や教祖の教えを通して学んできているのに、自分自身は苦しんでいる場合があります。しかし、そのことを自分で認めることができずに、その苦しむことすら「おかしい」「そんなことはない」と自分で打ち消してなかったことにする、そして敬虔な信者のふりをして過ごしている人は多いのです。(宗教の教えと人生の現実の落差を知るワーク)
正しく素晴らしいことを学んでいるのだから、そんな「苦しむ」なんてことはありえない、自分の未熟だとして、到達しえない自己完成という長い道のりに向かって自分を追い立ててしまいます。教祖や教団に対する依存心(褒章と恐怖心)がその引き金になっています。(教祖・教団に対する依存から脱するワーク)
まさにそれは、自分自身の手足に絡まっている手かせ足かせに、自分では見えず気づけない状態です。自分の心の手足を縛っている、手かせ足かせが見え、気づくことを通して解放の一歩を始めます。

主要なワーク
・宗教の教えと人生の現実の落差を知るワーク
・教祖に対する依存から脱するワーク
・教団に対する依存から脱するワーク 他

 

Step② 自分の人生に着地する

 

人生を取り戻すカウンセリング!
依存を抜けて自立した人生に向かう

<宗教・教祖に頼らずとも悩みを解決できる>

宗教依存症からの脱出と平行して、置き去りにしていた元々の自分の性格、人生、課題や願いは何だったのかを思い出し、取り戻すカウンセリングになります。重荷になってたくさん抱えていた宗教の教えや教団に対する想いを一旦脇におき、元々の自分の願いを基いに人生の課題を見つめなおしていきます。裸の自分の心や想いに正直に向き合う時を持つことから始めます。
人生の軌跡を辿り、起こった出来事をありのままに見つめ直してみましょう。(人生の棚卸しをするワーク)
そして、からまった糸を解きほぐすように悩みの核心に迫り、自分自身が取り組むべき真の課題を自覚することができます。(悩みの核心に迫るワーク)。
普段は抑え込んだり意識することなく流していた自分の心を意識するようになり、自分自身のありのままの感情を感じていきます。そして、その感情を解放する方法を学び実践していきます。(感情を解放するワーク)。
依存心のままに振り回されてきた自分のルーツに迫り、大きな気づきと共に心が癒されていきます。その結果、自分の人生の主導権を自分自身に取り戻していきます。(人生の主導権を取り戻すワーク)
次にこれらのワークを基いにして実生活の変革を図っていきます。
実践テーマは、「葛藤の正体を癒して心の自立の力をつける」です。 

主要なワーク
・人生の棚卸しをするワーク
・悩みの核心に迫るワーク
・感情を解放するワーク

・人生の主導権を取り戻すためのワーク 他

 

Step③  自分の人生と魂を進化させる

 

宗教のエッセンスを体験して
新たな人生を創造するカウンセリング!

心の安らぎと共に人生の道を開く

<人生を進化させる方法を知る>

宗教依存症からの脱出を果たし、自分自身の人生を再出発させる心の体力がつけたなら、人生の目的とミッションを探索する旅を始めます。自分の心を知っていくことでより深く心を掘り下げて、心と現実、出来事の意味が深まって感じられてきます。(自分の心を深堀りするワーク)。
そして普段は意識していない自分自身が重要にしている価値観を知り、宗教・教祖に代わる自然法則に則った原則を自分自身の拠り所として心の中心に据えます。(原則にする価値観を出すワーク)。
人生の出来事に対する取り組みを通して、感情の解放が進み、バランスが理解されてくると、心の安らぎが深まっていきます。焦ることなく気負うことなく教義や教えを意識することなく、自分の内から感謝と愛が感じられてきて人生を真の豊かさを享受することができるようになります。その時に
自分自身の人生の目的・世界に応える魂のミッションを自ずから知っていくことができます。(人生の目的とミッションを知るワーク)。
人生の7分野を意識しながら、それぞれに自分の認識と感情を点検して解放することで心の安らぎ、感謝と愛を深めていくことができます。そのようにして7つの分野のバランスがとれていくことで人生の豊かさが深まっていくことになります。(豊かさを促進するワーク)。
実践テーマは、「人生を進化させる心の習慣を身に着ける」です。 

主要なワーク
・自分の心を深堀りするワーク
・原則にする価値観を出すワーク
・人生の目的とミッションを知るワーク
・豊かさを促進するワーク 他

(このサイトの宗教依存症に関する理論はRCラボオリジナルです。文章は著作権法で保護されており、無断転載・流用等を禁じます)