依存症は何かに依存したことが原因で、困ったことになっている状態です。その困ったことというのが、問題であり、依存症が作っている問題であると言えます。

依存症には大きく分けて3つのタイプがあります(依存症の3つのタイプ)が、大きく分けて物質依存、プロセス(行為)依存、対人依存の3つのカテゴリーがあり、それぞれに具体的に何に依存しているのかが異なってきます。物質依存ならば、アルコールや覚醒剤などの薬物への依存、プロセス(行為)依存ならばギャンブルをする行為への依存、対人依存ならばお互いにもたれあって離れられない共依存や恋愛・セックス依存などが良く知られています。

では、それらの依存症になると、現実的な生活にどのような影響や不都合が出るのか、それを簡単に以下に記述しています。また、そのような不都合や症候群を見てから逆算して自分自身が依存症に気づくというケースにもお役立てください。

このサイトのテーマである宗教依存は、プロセス(行為)依存と対人依存が主ですので、飲酒や薬物など、物質依存による身体的な変調や離脱症状などは出ないものの、経済的な問題や家族・社会・人間関係などに影響を与えることが多い依存症です。

社会生活の破綻  ⇒  自分の夢や進路の喪失

依存症は最初は些細なきっかけから始まったとしても、やがてそれが気になって仕方なくなり、気がつくと自分で自分をコントロールできない状態になって、家族や周囲に迷惑をかけるレベルまで行ってしまいます。

依存症になると脳が快感・快楽というご褒美をエスカレートして求めるようになります。そうなると自分自身が目標を設定して、その実現のためにステップを組み立てて実行していくことよりも、生活の中で依存対象を求めることが最優先になります。

物質依存症を例にとると、だんだんと飲酒や薬物使用、プロセス(行為)依存のギャンブル依存症ならば、ギャンブルをする行為を第一に考えるようになってしまい、自分自身が成さなければならないこと(仕事や責務)がおろそかになるどころか、社会生活をしていく上で優先しなければいけない様々な活動などを自分が選択して実行することができなくなるのです。

具体的には仕事や学校を休みがちになり、続かなくなってドロップアウトしてしまう、地域社会の中にあって、約束事やルールを守れない。そればかりか薬物依存症では、覚せい剤など依存対象を手にすること自体が犯罪であるもの、プロセス(行為)依存の中の性依存症などは、痴漢・盗撮・わいせつ行為・下着泥棒など犯罪行為として逮捕されるものさえあります。

もし、そのように社会的規範やルールを犯して逮捕されれば、自分自身の社会生活に大きなマイナスをもたらすだけでなく、家族に対しても大きな苦痛を与え、家族生活をも破壊してしまうことになります。

経済生活の破綻  お金をつぎ込み借金をつくる

依存対象(ギャンブルや飲酒や薬物)にお金をつぎ込んだあげく、隠れて消費者金融で借金をしたり窃盗をするなど、依存する対象に使うお金を工面するために手段を選ばなくなります。

ギャンブル依存症の患者で統計を取った結果、借金の額が1000万円というのが、一番人数が多い額であると言われます。そのうちの8割が二回以上経験してようやく病院を受診しています。

依存症になると依存対象のことが頭から離れなくなり、強い欲望が生じるのですが、その欲望に強迫観を伴うのが特徴です。

アルコール依存などはお酒のことが一日中頭から離れなく、家の中のお金を漁ってでもお酒を買いにいきますし、薬物依存なども同様で、そのためのお金を得るために窃盗なども起こします。

買い物依存などは金銭感覚が麻痺しているのでカード破産するようになります。ギャンブル依存症の多くは多重債務を抱えていて、家族を離散させたり、社会的な人間関係や信頼関係をなくして孤立してしまいます。オンラインゲームなども最初は無料でも色々なアイテムを手に入れようとすると課金されていきます。額は小さくとも重なると大きくなっていき、やめることができなくなります。

またカルト宗教などは、数百万単位で献金や仏壇・祭壇・宗教団体の物品などの購入に支払うケースもあります。後先を考えず、資金計画などもなく、衝動的にお金をつぎ込んでしまいます。最終的には、経済生活が破綻してカード破産や自己破産をすることになります。

家族・人間関係の破綻  ⇒  信頼関係が崩壊する

依存対象が、家族や親友よりも大事になり、価値観の優先順位が一番になります。家族に嘘をついたり、借金をしたり、飲酒や薬物使用、ギャンブルなどしていることを隠したりする行為は、よくある依存症の症状です。しかし、本人には依存症という自覚がなく、また認めないことが多く、家族も正しい知識がないために、自分の家族がこんな状態で恥ずかしく、誰にも相談できません。また世間にバレることを恐れるために、本人の起こした問題の尻拭いをして隠そうとしてしまいます。

家族関係では、家族や親しい人、友人の忠告を受け入れることができなくなり、家族とのふれあいも避けるようになります。生活に不都合が生じる嘘をついて、家族や周囲の人との人間関係や信頼関係を崩し、関係を悪化させるために家族とのケンカが増えるようになります。

また、判断力を無くし、行動も計画性を無くし、投げやりになります。典型的なのは浪費で、嘘もつきます。家族は本人のつく嘘に傷つけられ、お金を工面して借金を返済したりする生活を続けているうちに、家族も本来望んでいた生活を送ることが難しくなってしまいます。

感情的な側面では、喜びや悲しみなどイキイキとした自然な感情が消えていき、悲しみや怒りなどを依存することで紛らわします。家族や友人に罪悪感を持ったり依存行動については、後悔したりしますが、それを口にすることはなく、感情を抑圧しているので次第に感情が麻痺してきます。

そのために人間関係では、誠実さ、謙虚さ、正直さもなくなり、人に感謝する気持ちがなくなってきます。人のあら捜しをして自分を正当化するために人に対して攻撃的になります。その結果、人とのふれあいや友達との絆もなくなり、社交性がなくなって次第に孤立するようになります。その代わりに「クスリ仲間」や「ギャンブル仲間」という新たな人間関係ができて、その人間関係にからめとられていくという現実があります。

身体の健康・脳機能の障害

アルコール依存症や薬物依存症は、物質による作用や離脱症状の違いはあれども、いずれも精神作用物質による依存症です。

飲酒、薬物の使用、ギャンブルなどで、一時的にストレス発散や、リラックスができたりするのですが、依存症になると、ほどほどにできなくなるために、その代償として規則正しい睡眠や食事を取ることがおろそかになり、本人の身体や心の健康が損なわれてしまいます。

身体の健康を損ねる例としてアルコール依存症では、アルコール性臓器障害(肝障害、脾炎、消化管疾患、糖尿病など)があります。

脳機能の障害については、飲酒や薬物の使用、ギャンブルなどの行為を繰り返すことによって脳の状態が変化し、自分で自分の欲求をコントロールができなくなってしまいます(コントロール障害)。周囲がそのことをいくら責めても、本人がそれで反省や後悔を口にしたとしても、また同じことを繰り返してしまいます。

物質依存のアルコール依存症や薬物依存症では、アルコールや薬物を体に取り込む行動が習慣化されると、脳内にドーパミンという快楽物質が分泌され、それによって中枢神経が興奮して快感による喜びが感じられます。

この快楽物質が強制的に繰り返し分泌されると、快楽という報酬(ごほうび)を求める回路が脳内にできあがるのですが、そうなると同時に喜びを感じる中枢神経の機能が低下していきます。

すると快感による喜びが感じにくくなるために、以前のような強い快感や喜びを得ようとして、アルコールや薬物の摂取量や頻度が増えていきます。

ますます快感・喜びは感じにくくなり、またやめると離脱症状が出て、焦燥感や不安、物足りなさばかりが増して、ささいなことでイライラしたりするので、また摂取する頻度が増えていくという悪循環に陥ってしまうのです。

 

アルコール依存症・薬物依存症の離脱症状

〇不眠、幻聴、幻覚、妄想によるコントロール障害
〇イライラ、不安、焦燥感、

〇拒食、嘔吐、手の震え、寒気、異常な発汗、頻脈

 

特に覚醒剤などでは、大量のドーパミンが放出されるために薬が切れると、ひどい虚脱感や倦怠感、うつ気分に襲われますし、末期症状としては、幻聴・妄想や奇妙な体感幻覚と呼ばれるものが生じたり、あるいは興奮してものを壊したり、暴力を振るうために殺傷事件を起こすことがあります。

仕事依存症の場合には、その特徴として疲れを感じないということがあります。仕事をしていれば、充実感を得ることができるので、残業時間が多くて休養が取れなくても充実感があるので、逆に残業を増やしてしまうこともあります。

多少の肉体的な疲れがあっても、本人的には全く負担になっていなっておらず、実は心身の疲れがあっても休養せずに仕事に打ち込んでいくために、本人が自覚しないままに心身がむしばまれていきます。

仕事依存症の人に多いのが、疲れやストレスを溜め込んで、うつ病もしくは過労死という事態に陥ることです。

精神的な面では、溜め込んだストレスによって、うつ病また不安障害、強迫生障害、パニック障害などの心の病いを患うことが多くなります。

身体的な面では、慢性疲労により、緊張性頭痛や消化器系の疾患、高血圧や過換気症候群など心の疲れが身体に現れてきます。慢性的なストレスは自律神経のうちの副交感神経を緊張させて心臓に負担をかけ、やがて狭心症や心筋梗塞を招き、過労死するに至ります。

 

(このサイトの宗教依存症に関する理論はRCラボオリジナルで、文章は著作権法で保護されており、無断転載・流用等を禁じます)

Facebook にシェア
Pocket